実現するために

パソコン

会社の仕事は利益を得る事で継続できます。利益は顧客からの報酬だと理解している人がいますが、それは売上であって利益ではありません。利益は売上から必要経費を差し引く事で計算できます。つまり経費が大きい値だと売上を伸ばしても余り儲からないのです。利益の上昇を望んでいる場合には、経費削減と売上上昇を同時に達成しなければなりません。 その際に優先すべきは経費削減だと言われています。なぜなら経費とは仕事のやり方次第で少なくできるからです。そして経費の削減に成功すればその効果はずっと続きます。経費削減してから顧客の開拓を行った方が効率性に優れているのです。この法則はどんな仕事でも当てはまるため、経費が重要視される傾向があります。

現在勢いに乗っている介護事業においても同様の事が言えます。要介護者をサポートする事で報酬を得る介護事業は多数の顧客を抱えています。なぜなら現在の日本は高齢化社会に突入しており、サポートを受けなければ生活が困難な人が増えているからです。つまり顧客が多いため多くの利益を得るチャンスがあります。 しかし実情は一人の売上が小さいため、多くの顧客を相手にしなければなりません。売上を得る機会は豊富ですが経費を工夫しなければならないという事です。だから介護保険ソフトが開発されたのは必然でした。介護保険ソフトは業務サポートをするために運用されています。管理業務を介護保険ソフトで行えば経費削減は間違いありません。最近のほとんどの事業者が介護保険ソフトを導入しています。